RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

わかまつ歯科 ブログ

〜当院は患者さんが「一生健康な歯・おくちを守る。」
 お手伝いを第一に考えて診療いたします。〜
  札幌市豊平区の歯科医院です  


札幌市豊平区西岡4条10丁目3-20 TEL/FAX(011)857-6483
<< えっ、15歳以上の3人にひとりが進行した歯周炎? | main | わかまつ歯科の掲示板 >>
先生、ほかにムシバありますか?
0
     わかまつ歯科医院では、初診のときに「今回は全体的な治療をご希望されるのか、あるいは困っているところだけの治療だけをご希望されるのか」を問診表でお聞きしています。

     「今回は困っているところだけを治したい」、という患者さんのなかで、その部分の治療が終わったときに「先生、他にムシバはありますか?」と聞かれることがあります。
     この質問をされたときに少し悩むことがあります。それは、その患者さんの歯周病の進行が心配なときです。
     「ムシバはないですねぇ、でも歯周病が進んでいる可能性がありますよ。次回にでも検査などをしてみましょうか?」などと言おうとしている矢先、ムシバはないですねを受けて、「あぁ、よかった。それならもう結構です。また時間のあるときに来ますので・・・」と。

     患者さんは、歯科医院にムシバを治すために来る意識が強いですね。ある意味しょうがないと思いながら、自分の無力さをも思い知らされます。

     下の表を見てください。子供はともかくある程度年齢がいくと歯を抜く原因では歯周病がムシバより多くなります。



     前回お伝えした「健康日本21」でも幼児期や学童期にはムシバ予防の目標があり、成人期には歯周病の予防目標が示されているのです。



     成人になったらムシバはどうでもいいっなんてわけではないですが、歯周病にもぜひぜひ気を使ってみてください。
     「先生、歯周病のほうはどうでしょうか?」なんて聞いてほしいなぁ。
    | - | 18:41 | - | - | - | - |