RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

わかまつ歯科 ブログ

〜当院は患者さんが「一生健康な歯・おくちを守る。」
 お手伝いを第一に考えて診療いたします。〜
  札幌市豊平区の歯科医院です  


札幌市豊平区西岡4条10丁目3-20 TEL/FAX(011)857-6483
<< だ液の分泌量について | main | 保険の効かない「部分入れ歯」のおすすめ >>
歯周病の検査の中身について
0
     これをお読みになっている大人のみなさんは、一度は歯周病の検査をしたことがありますよね?

     わかまつ歯科にかぎらず、全国の歯科医院で保険治療で行われている歯周病の検査の一番ポピュラーなものは、歯周組織検査と言われるものだと思います。
     歯周組織検査にはその検査内容に応じて、「歯周基本検査」と「歯周精密検査」があります。
     わかまつ歯科医院では、歯周病の進行具合で基本検査か精密検査かを決めています。
     そのどちらの検査にも歯周ポケット測定というのがあります。

     その測定の意味は別の機会に述べるとして、今回はそのポケット測定時における歯肉からの出血についてです。
     
     もちろん歯肉に炎症がなく、ひきしまっている方は出血しません。ポケットの深さを測るときに出血が見られた方は残念ながらそこの部位に炎症があり、ポケットの中には歯周病菌が大活躍している可能性が高いのです。



     特に重要なのは、そのことが歯を支えている骨よりも早く炎症がわかることです。歯周病の早期発見につながるということです。

     ポケットはまだ浅いけど、測定時に出血する部位がいっぱいある方は要注意です。数年後には、ポケットも深くなってしまっているかもしれません。



    上の絵はわかまつ歯科医院で患者さんにお渡ししている検査結果の紙を拡大したものです。この赤い血マークがついている歯が測定時に出血した部位です。

    あなたの検査結果にもありますか??



     〜わかまつ歯科医院〜 
    | - | 17:44 | - | - | - | - |