RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

わかまつ歯科 ブログ

〜当院は患者さんが「一生健康な歯・おくちを守る。」
 お手伝いを第一に考えて診療いたします。〜
  札幌市豊平区の歯科医院です  


札幌市豊平区西岡4条10丁目3-20 TEL/FAX(011)857-6483
<< 歯の漂白 ホワイトニングについて | main | 新しい先生が来てくれています >>
アマルガム問題
0
     先日、知人であり患者さんでもある男性からメールをいただきました。

     内容は、ニュース番組でアマルガムの危険性をやっていたけれども、私の口の中にもアマルガムとやらは入っていますか?という内容でした。

     お恥ずかしながら、僕はそのニュースを観ていなかったので、インターネットで調べてみました。

     どうやらアメリカで、アマルガム中の水銀の毒性のせいでアトピーなどのアレルギーが起こる可能性があると、訴訟が相次いでいるとのこと。
     アマルガムをなくす動きが全米に拡がるかも、ということのようです。

     さて、みなさんはアマルガムって何?と思いますよね。アマルガムというのは、水銀とほかの金属との合金のことをいい、歯科では水銀とスズと銀の合金が歯の詰め物として、昔から使われています。僕は現在40歳ですが、子供のころに治してもらった歯に二箇所アマルガムが入っています。

     ただ、歯科医師としての僕は、学生実習でアマルガムは習ったけれど、患者さんの歯に詰めたことはありません。
     僕がアマルガムが嫌いということではなく、現在の日本ではコンポジットレジンという材料が歯の詰め物の主流になっているからです。ですから、現在の治療でアマルガムを詰められる可能性はかなり低いと思います。
     子供のころの治療がそのまま残っている方は僕のようにまだアマルガムがあるかもしれませんが・・・
     
     なんか気になるなぁ、という方は一度来院されてください。アマルガムの有無をお教えいたしますし、ご希望であればコンポジットレジンなどに置き換えますので・・・

     ただ本当にアマルガムが悪いものなのかの結論はまだ出ていないようです。
    | - | 10:47 | - | - | - | - |